自分で車庫証明を取るのに必要な手続きと書類

自分で車庫証明を取ってみよう

10年ぶりに車を買ったわけですが、値引き交渉の最中に「車庫証明自分で取ってもらえます?」なんて駆け引きがあり、そんなに大変じゃなさそうでしたのでやってみました。

金額の大きい買い物なので、金銭感覚がおかしくなってきますが、出来るところは削りましょう。

いくら変わるの?

ディーラーでの見積もりでは、”2万円”(ディーラーによって違うはず)

自分で取得すればただ。0円。

平日に警察署へ行く時間を取れる方は、思ってるより簡単ですので是非トライしてみてください!

面倒って方は時間をお金で買ってください(笑)

車庫証明の取得方法は?

宮城県の場合、宮城県警のホームページより必要な書式はダウンロード出来ますし、ディーラーさんに言えば貰えます。(担当者によるかも)

手続きは駐車場の場所を管轄する警察署に提出となります。

Thumbnail 宮城県警察/道路交通法関係申請書

http://www.police.pref.miyagi.jp/hp/kisei/syako/syako.htm

他の県は県警か陸運局のホームページからいけるはず。

何が必要か?

★申請書

  • 警察署に行くと、4枚複写の申請書が貰えます。

★車の保管場所を使用する権利を持ってるよ!って確認できる書類

  • 自分の土地に駐める場合・・・保管場所使用権原疎明書面(自認書)
  • 駐車場を借りている人・・・保管場所使用承諾証明書(承諾書)

★んじゃ、車を駐める地図や位置・寸法を描いた絵

  • 保管場所の所在図・配置図

★手数料 2,600円

  • 収入証紙は警察署内で買えます。

どう書くのか?

★申請書

「車名」、「型式」、「車台番号」、「自動車の大きさ」を間違えないように。数字の1とアルファベットのI、0とOはわかりやすく書きましょう。

やさしいディーラーさんなら教えてくれるか、書いてくれます。

申請時に車体番号がわからないときは、受け取り時でも可。

基本的に、警察署の窓口の人に聞くと丁寧に教えてくれます!

★保管場所使用

ぼくの場合は借りていたので、承諾書を不動産屋さんに貰いに行きました。

まとめ

意外と自分でやってみると簡単。書き間違えに気をつければ問題ありません。

問題があるとすれば、平日に警察署へ行く時間が取れるかどうか。

時間がある方はトライを!

スポンサーリンク
PC
PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC