VirtualBox5でMacにWindows10をインストールする

Windows10

7月9日VirtualBox5がリリースされ、Windows10もサポートされたようなので、早速インストールしてみました。Windows10ももうすぐ発売されるので、予行練習ということも。実際にWindows10を触ってみるのは初めてです。

Oracle、“準仮想化”をサポートした「Oracle VM VirtualBox 5.0」を正式公開 – 窓の杜
「Windows 10」や「Mac OS X Yosemite」などの最新OSがサポート …

VirtualBoxを使うのも、Windows Inside Previewに登録するのも初めてで、どこまで出来るかやってみます。

VirtualBoxのダウンロード

まずはこちらからダウンロードしましょう。

VB5Win10 1

Mac用を選択します。ダウンロードサイズは91MB

VB5Win10 2

ダウンロードが完了したら開きましょう。

VB5Win10 3

インストーラーを起動します。

VB5Win10 4

続けるをクリック

VB5Win10 5

続けちゃいましょう。

VB5Win10 6

空き容量は大丈夫ですか?これ以外にもWindows10の分が必要です。

VB5Win10 7

Macのパスワード入れて進めましょう。

VB5Win10 8

着々と進んでいきます。

VB5Win10 9

あっさりと完了!

VB5Win10 10

と、いってもインストールが完了しただけ。設定を進めましょう。

VirtualBox5の設定 Windwos10をインストールする準備

VirtualBox5を起動します

VB5Win10 12

どことなくVMwareに似ています。

VB5Win10 13

「新規」をクリックします。

VB5Win10 14

どんなOSタイプが対応しているかというと、こんな感じ。

VB5Win10 15

Windowsに関してはこんなに。

VB5Win10 16

名前にWindows10と入れるだけで、バージョンは勝手に選択されました。あとロゴも。

VB5Win10 17

割り当てるメモリサイズを選択します。

とりあえずなので2GB。デフォルトです。

VB5Win10 18

次にHDDです。仮想ハードディスクを作成します。

VB5Win10 19

ハードディスクのファイルタイプはデフォルトのままで

VB5Win10 20

ちなみにエキスパートモードを選択すると1画面で選択できます。

VB5Win10 21

ハードディスクを可変サイズにしておくと、仮想マシンが実際に使うディスク容量を超えたときに自動で物理の容量を増やしてくれます。

簡単に言うと、物理のハードディスク容量を節約してくれるってことですね。快適に使いたい場合は固定サイズの方が余計な処理は必要ありません。

VB5Win10 22

初めての場合でも、ガイドモードで説明を見ながら選択出来るので安心です。

VB5Win10 23

これで準備は完了です!

VB5Win10 24

Windows10のインストールをしてみよう

仮想マシンの準備が出来たので、早速Windows10をインストールしましょう。

VirtualBoxの「起動」ボタンをクリックします。するとなんだか出てきました。簡単にいうと、OSをインストールするディスクをマウントしろということですね。ISOファイルを選択するか、物理光学ドライブに入れやがれと言う感じです。

まだ、Windows10のISOイメージがダウンロード完了していないのでCancelで飛ばします。

VB5Win10 25

なんかですね、自分の場合下記画面でしばらく止まっていました・・・。

VB5Win10 26

Windows10のプレビュー版をダウンロードしよう

次はWindows10のプレビュー版をダウンロードするには、Windows Insier Programに参加する必要があります。

はじめに をクリックしてMicrosoftアカウントをクリックして登録しましょう。

VB5Win10 27

VB5Win10 28

VB5Win10 29

準備が出来たら、「PC」をクリックしましょう。

VB5Win10 30

インストールの前に を良く読みましょう。次の条件を満たすことが大事ですよ。

VB5Win10 31

  • 開発中のソフトウェアを試し、そのソフトウェアに関する意見を共有したいと考えている。
  • 多くの更新プログラムに対応でき、途中で UI デザインが大幅に変わる可能性があることも承知している。
  • PC に関する詳しい知識があり、問題のトラブルシューティング、データのバックアップ、ハード ドライブのフォーマット、オペレーティング システムのクリーン インストールが苦にならず、必要に応じて以前のオペレーティング システムを復元できる。
  • ISO ファイルが何であるかとその使い方を理解している。
  • 日常的に使うコンピューターにはインストールしない。

PC の詳しい知識が本当に必要です。BIOS が新しい植物由来の燃料だと思うのなら、Insider Preview をインストールしないことをお勧めします。

気付くのに少し時間がかかりました・・・。

納得したら「プレビュー版を入手する」をクリックです。

VB5Win10 32

ダウンロード出来るのかと思いきや、Macでダウンロードしようとするとダメって言われるので、ISOファイルを入手します。

VB5Win10 33

VB5Win10 34

プロダクトキーは共通かな?でも、一応伏せておきます。

VB5Win10 35

日本語を選択。64bitの方が重いんですね。

VB5Win10 36

と、いうことで、VirtualBoxの設定に戻ります。

右下のDVDのアイコンをクリックします。

VB5Win10 39

「Choose disk image」をクリックして、先ほどダウンロードが完了したWindows10のISOファイルを指定します。

これで、仮想のDVDドライブに割り当てられます。

VB5Win10 37

VB5Win10 41

割り当てが終わったら、再度「起動」をクリックです。

Windows10のインストール

では、「次へ」をクリックして進めます。

VB5Win10 42

他の選択肢はありません。

VB5Win10 43

進めましょう。

VB5Win10 44

ここも、同意するしか無いですよね。

VB5Win10 45

カスタムをクリックして進めます。

VB5Win10 46

これもドライブ0を選択し、次へ

VB5Win10 47

インストールが進んでいきます。

VB5Win10 48

VB5Win10 49

VB5Win10 50

「簡単設定を使う」を選択し、進めましょう

VB5Win10 51

誰が所有してますか?って問いは、今後MDMの機能で利用出来るようになるのか、それともOffice365の設定で使うのでしょうか。それともモバイル版のWindowsの機能でしょうか?

いずれにしても、ここでは「私が所有しています」を選択します。

今後調べてみます。

VB5Win10 52

Microsoftアカウントを入力すると、メールやOneDriveなど紐付いている機能が設定・同期されます。

今回はとりあえずのインストールなので、「この手順をスキップする」を選択します。

VB5Win10 53

ローカルアカウントを作成します。

VB5Win10 54

あとは待つのみ。

VB5Win10 55

ん?一瞬iPhoneやiPadのセットアップかと思っちゃいましたw

VB5Win10 56

VB5Win10 57

VB5Win10 58

完了!

VB5Win10 59

ほうほう、これが噂のedgeですな

VB5Win10 60

このスタートメニューはWindows8に比べて使いやすそう

VB5Win10 61

タスクビューも使いやすそうかな?

VB5Win10 62

シャットダウンもわかりやすくなったよね

VB5Win10 63

そっと閉じましょう。

VB5Win10 64

以上、VirtualBox5を使ってMacにWindows10のインストールしようでした。

正式版が出たら、Surface Pro 3に速攻入れたいと思います。

じゃ、みなさんも試してみてね〜

スポンサーリンク
PC
PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC