ガイアの夜明けを観て蔦屋書店に行きたくなった

ガイアの夜明け、みなさん観てますか?

私は気になる回を録画して時間が空いているときに観ています。

今更ながら、2012年12月11日に放送された

“感動のサービス”が客を呼ぶ!~リピーターを作る 新たな接客術とは~”

を、観ました。

蔦屋書店のコンシェルジュの森谷さんに憧れ、レストラン カシータで涙し、期待を上回るサービスが感動を生むと改めて感じました。

放送内容など、価格.comで観られるんですね。知りませんでした。

価格.com – 「ガイアの夜明け ~“感動のサービス”が客を呼ぶ!~」2012年12月11日(火)放送内容 | テレビ紹介情報

仙台に蔦屋書店は無いのか?

TSUTAYAはあれど、蔦屋書店は記憶にありません。

調べてみると、以下のブログにたどり着きました。

馴染みのチェーン店ですが…ちょっと違う! – 杜の都発!SENDAI Satellite – Yahoo!ブログ

こちらで紹介されていました。

泉のSBI仙台泉インターシティ(仮)に2013年春オープン予定と。休みの日は混みそうですね〜。

元ネタを探したところ、2012年11月12日の日経に載ってました。

トップカルチャー、仙台市に最大店舗 絵画教室も

「蔦屋書店」「TSUTAYA」を展開するトップカルチャーは2013年3月、仙台市に大型店を開設する。売り場面積は1万平方メートル近く、書籍や映像ソフトだけでなく調理器具など雑貨類も幅広くそろえる。絵画教室などを開く専用ブースも設ける。店舗の大型化を進め、書籍など物販にとどまらないサービスを総合的に展開し、集客力を高める。

 総投資額は約15億円で、年間売上高は約25億円を見込む。売り場面積は同社の最大店舗である「蔦屋書店フォレオ菖蒲店」(埼玉県久喜市)の約1.4倍。加盟するフランチャイズチェーン、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の店舗の中でも最大という。

 トップカルチャーが東北地方へ出店するのは初めて。仙台市泉区の住宅街近郊に立地する。書籍・雑誌売り場には80万冊以上を取りそろえ、専門書も強化。児童書や料理本などの売り場作りには、保育士や調理師の免許を持つ専門性の高いスタッフを関わらせる。併設するカフェの席数も180席ほどと最大規模。

 CDや映像ソフトのレンタルのほか、インテリアや調理器具、デジタル機器などの品ぞろえも充実させる。また、店舗には、絵画や書道、料理、ウェブデザインなどを学べる教室を開けるよう、専用ブースも設ける方針。教室を開くことで、受講者が絵画本など関連する書籍や映像ソフトを購入するよう促す。

大型店で、売り場作りに専門性の高いスタッフを関わらせるということは、作るときだけですかね?是非直営の代官山 蔦屋書店のようにコンシェルジュがいるといいんですが。

イメージとして、代官山の蔦屋書店を仙台に持ってくるなら定禅寺通り沿いか、泉パークタウンの紫山あたりでしょうか?今後発展しそうな、あすと長町でもいいと思うんですけどね。CCCさん是非ご検討を。

それにしても、オープンが楽しみです!

気になったので行ってきた

春にオープンならそろそろ工事も進んでいるはずですよね? 近くに行く用事があったので、行ってみたら内装工事してました。

脇道からの撮影してみました。照明工事と壁紙?など工事してましが、かなり広いです!

iPhoneのパノラマで撮影しましたが、奥行きだけでもかなりのものです。

4号線から向かうと、入りづらいのが残念ですね。

いずれにしても、完成が楽しみです!

追記

オープン予定は3月16日(土)とのこと。

トップカルチャーの求人ページ、その他求人系のサイトにも150名ほどのスタッフ募集がありました。

スポンサーリンク
PC
PC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC